講師プロフィール

金子健治(かねこ けんじ)

担当:リコーダー

1982年、尚美高等音楽学院研究科指揮専攻卒業。
在学中よりリコーダーオーケストラを結成し、演奏活動を開始する。リコーダーを上杉紅童、花岡和生の両氏に師事。また、古楽の公開講座に於いて、K.オッテン、W.フォン・ハウヴェ、H.M.クナイスの各氏にレッスンを受ける。
82年、83年、全日本リコーダーコンクール・アンサンブル部門に於いて最優秀賞受賞。「東京リコーダーコンソート」「コンソート・リコルド」のメンバーとしてNHK教育テレビ“ふえはうたう”“ゆかいなコンサート”等に出演。また、全国各地のコンサート、レコーディング、海外の国際音楽祭等に参加する。
85年より“東京リコーダーオーケストラ”の指揮者となり、CD『リコーダー合奏の魅力』『セビーリャ』『トッカータとフーガ ニ短調』をリリース。
99年4月よりNHK教育テレビ“トゥトゥ・アンサンブル”に、また2000年4月より2003年3月までNHK教育テレビ“歌えリコーダー”にレギュラー出演する。
現在、東邦音楽大学非常勤講師、「東京リコーダーオーケストラ」指揮者、「東京ブロックフレーテ・アンサンブル」、手作り竹楽器の音楽隊「竹鼓舌(ちこたん)」を主宰。教科書の執筆。教材ビデオ・CDの制作や梁邦彦、福山雅治等多くのミュージシャンのCDに参加している。

  • 小金井ANNEX